日本では普及率が低い|潜伏期間が短い淋病の薬からストロングハートまで!薬を通販で買おう

潜伏期間が短い淋病の薬からストロングハートまで!薬を通販で買おう

日本では普及率が低い

袋の上の薬

海外ではジェネリック医薬品の普及が進んでおり、需要も高くなっています。
そのため、海外には優秀なジェネリック薬が多数作られており、ペットの医薬品でも人間の医薬品でも様々なジェネリック薬があります。
ストロングハートがまさにそれですし、淋病などの性病の治療に使われる薬もたくさんのジェネリック薬が開発、販売されています。
ですが、これらのジェネリック薬は日本では取り扱われておらず、個人輸入代行サイトの通販で注文したりなどして個人輸入を行うことでしか手に入れることしか方法がありません。
その背景には、日本ではジェネリック薬の普及が進んでいないからという理由があります。

ジェネリック薬は製薬会社にとっても患者にとっても嬉しい商品です。
製薬会社からしたら安く開発することができ、患者からしたらとっても安く購入できるので、メリットばかりです。
ですが、医療制度として健康保険がある日本での需要はわずか15%ほどです。
日本には健康保険があるので治療を安く受けることができ、安いジェネリック薬に頼らなくても大丈夫なので、ジェネリック薬の普及が進んでいないわけです。

ですが、性病は病院へ行きにくいものですし、ペットの薬も保険がきかないので高額になってしまいます。
個人輸入の通販で商品を購入すれば病院に行かなくても性病の治療薬を手に入れることができますし、ペットの薬代を抑えることもできます。
こういった面から個人輸入代行サービスを利用する人は増えていくでしょうし、そこからジェネリック薬も広まっていくかもしれませんね。